【世界デフユース速報2】ユース選手から抱負を頂きました

7月13日(土)~15日(月)に台湾・台北市で開催予定の「第2回世界デフユースバドミントン選手権大会」に出場するユース選手より、大会に向けての抱負を頂きました!

藤本 智仁 選手(男性 栃木県)

【抱負】
世界大会に出るのは人生で初めてであり、その大会に出場できるという喜びもありますが、勿論不安もあります。
去年のアジア大会の時よりも参加人数は増えていますが、この大会では、「イメージ」,「頭脳」,「気力」この3つを上手く利用して本番に臨みたいです。応援よろしくお願いします。

【出場種目】
 男子シングルス、混合ダブルス(高橋来海ペア)

髙橋 来海 選手(女性 北海道)

【抱負】
今回初めての世界大会です。いざ現地に来てみると様々な選手がおり、不安もありますがそれより勝ちたいという気持ちの方が勝っています。部活の顧問の先生から、「お前は本番に強い」という言葉を頂いたのでそれを信じてポジティブに強気で自分らしさを出して大会に挑みたいと思います。

【出場種目】
 女子シングルス、女子ダブルス(神谷綾音ペア)、混合ダブルス(藤本智仁ペア)

矢ヶ部 紋可 選手(女性 福岡県)

【抱負】
大会本番が近づいて緊張していますが、自分の全力を出せるように頑張ります。特にダブルスはたくさん練習を重ねてきたので、その成果を発揮できるように頑張ります!試合前のアップや心の準備をしてから、自信を持ってプレーをしたいと思います!

【出場種目】
 女子シングルス、女子ダブルス(鎌田真衣ペア)

鎌田 真衣 選手(女性 福岡県)

【抱負】
今大会でのメダル獲得を目指して矢ヶ部先輩と日々、練習を重ねてきました。悔いのない試合ができるよう、一本一本のラリーを大切にして挑みたいです。
本番が近づき、緊張も増していますが、これまでの周りの方々の支えを胸に全身全霊でプレーしてまいります。

【出場種目】
 女子シングルス、女子ダブルス(矢ヶ部紋可ペア)

神谷 綾音 選手(女性 神奈川県)

【抱負】
初めての世界大会で緊張もありますが、今までの合宿で先輩やコーチにアドバイスしてもらったことを思い出して気持ちだけは負けずに最後までシャトルを追い続けるように頑張りたいです!
色々な人に応援していただいているので、簡単なミスで負けるということはないよう、よく考えて次のプレーに入ることを大切にしたいです。
この世界大会を通して、技術面も精神面も強くなって、帰国します!

【出場種目】
 女子シングルス、女子ダブルス(高橋来海ペア)

小堀 知史 監督

【抱負】
台北は暑いですが暑さに負けないコンディション作りに備えて明日から始まる試合に臨めるようにやっていき、また、精神統一し、JAPANチームを盛り上げていくよう指導してまいりますので、応援の方を宜しくお願いします。

7月13日(土)から3日間に渡ってユース大会が開催されます。選手全員がメダルを目指して突っ走っていきます!
皆さまの心暖かい応援をよろしくお願いいたします!

ただいま、クラウドファンディングによる支援をお願いしています。
皆さまの心暖かいご支援をぜひお願いいたします!
https://www.makuake.com/project/deaf_badminton/

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket