「デフリンピック」選手団の壮行会 フジテレビ系(FNN) 6/29(木) 10:14配信

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20170629-00000754-fnn-bus_all
※動画あり

聴覚障害者のスポーツ大会、デフリンピックに出場する日本選手団の壮行会が開かれた。
デフリンピックは、4年に一度開催される、聴覚障害者のための国際的なスポーツの大会。
トルコで7月に開催される大会には、日本から108人の選手が、空手やテニスなど11の競技に出場する。
丸川五輪相は「持てる力を最大限発揮し、サムスンでの大会がすばらしいものになりますよう、健闘を祈念しております。皆さん、頑張ってください」と述べた。
壮行会には、丸川オリンピック・パラリンピック担当相のほか、スポーツ庁の鈴木長官も出席し、「わたしもトルコに行って応援します」と激励した。
デフリンピックの認知度は低く、日本選手団の山根団長は、「デフリンピックの魅力・楽しさをアピールし、全力を尽くしてまいります」とあいさつし、メダル獲得に意欲を示した。
金、銀、銅あわせて、前の大会を上回る25個のメダル獲得を目指すという。

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket