眞子さま、手話で激励 デフリンピック選手団代表とご懇談 6/28(水) 15:52配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170628-00000546-san-soci

秋篠宮ご夫妻と長女の眞子さまは28日、東京都港区の赤坂御用地内の赤坂東邸で、聴覚障害者のオリンピック「第23回夏季デフリンピック競技大会」に出場する選手団代表らと懇談された。
関係者によると、眞子さまは秋篠宮妃紀子さまとともに「がんばってください」と手話で激励されたという。
この日は、東京都千代田区の参議院議員会館で日本選手団の壮行会が開かれ、自転車競技に出場する選手団主将の早●(=瀬の頁が刀の下に貝)久美選手が「聴覚障害者の代表ではなく、日本代表としてがんばりたい」と決意を語った。
デフリンピックは聴覚障害者のためのオリンピックで4年に一度開催。来月18日から30日までトルコ・サムスンで開かれ、日本からは陸上やバドミントンなど11競技に108人の選手が出場する。

LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket