ろう者の「デフリンピック」認知度アップへ 国会議員ら動く 6/19() 11:19配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170619-00010000-fukushi-soci

ろう者の国際スポーツ大会「デフリンピック」の認知度を上げようと、障がい者スポーツ・パラリンピック推進議員連盟のもと、デフリンピック支援ワーキングチーム(WT)が12日、発足した。座長の衛藤晟一・参議院議員(自民)は「パラリンピックは大きな人気を集めるようになった。デフリンピックはなかなかそこまで行っていないので盛り上げたい」とあいさつした。

今年7月18~30日にトルコで第23回夏季大会が開かれるのを前に認知度を上げ、自治体や企業から支援を得ることが狙い。

日本代表選手団が衆議院第1議員会館に駆け付け、早瀬久美主将(自転車競技)が「聞こえない人の代表というよりも日本国民を代表して世界と闘ってきます」などと抱負を述べた。

第23回夏季大会には73カ国・地域から約3000人が参加する。日本は108人の選手が陸上、バドミントン、サッカーなど11の競技に参加する。4年前の大会で日本のメダル獲得数は21個だったが、今回は25個が目標。
福祉新聞(6月19日)から抜枠

 

 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket